葉酸サプリは、不妊症を改善する!?

018

30代後半~40代になると卵子が老化していきますので、妊娠しにくくなります。
そこで不妊治療をスタートさせる方も多くいます。
しかし、不妊治療は金銭的・身体的負担がかかって来ますので、なるべくお安く、安全に不妊症を改善させたいですよね。
葉酸には、不妊症を改善させる効果があると言われていますので、なかなか赤ちゃんが出来ないとお悩みの方にオススメの栄養素です。
そこで今回は、葉酸サプリの不妊症効果について、ご紹介したいと思います。

 

「不妊治療はしたくない・・・」
「なるべく自然な形で妊娠したい」
と考えている方は、葉酸サプリメントの摂取をオススメします。

葉酸=妊婦。というイメージが強いので、妊娠していない人が摂っても意味がないのではと思われる方もいるかと思いますが実は、葉酸は、不妊症にも有効と言われている程、妊娠力をアップさせてくれるサプリメントなのです。

ですので、「なかなか赤ちゃんが授からない・・・」とお嘆きの方は、不妊治療をスタートさせる前にまずは葉酸サプリメントを摂取し続けてみませんか?

不妊の原因が栄養不足で引き起こされている場合、栄養をしっかりと補給する事で、妊娠出来る場合があります。
しかし、ただ食べるだけではいけません。
マーガリンやケーキ、チョコレート、冷凍食品、ファストフードなどの食生活は、妊娠力に欠かせない栄養素が摂れないどころか、卵子や精子を弱らせるトランス脂肪酸が多く入っていますので、受精しても着床しにくくなることで、逆に妊娠しにくくなります。
また流産、ダウン症のリスクが高まりますので、妊活中は、こうしたリスクを十分、考慮した上で、妊娠力をアップさせる食習慣を心がける事が大切となります。

葉酸には、正常に細胞分裂を促す働きがありますので、赤ちゃんの先天性障害のリスクを防止してくれます。また精子や卵子の質を良くしてくれる働きもありますので、葉酸を摂取すれば受精卵が着床しやすくなることで、妊娠しやすくなります。

胎児の先天性異常は、妊娠10週目に起こりやすくなると言われています。
なぜならこの時期は、赤ちゃんの細胞分裂が活発になる時期だからです。
ですので、この時期は特に葉酸を積極的に摂取しましょう。
妊娠初期を過ぎてから妊娠に気づく方も多いですので、なるべく妊娠する2~3ヶ月前から葉酸サプリを摂取すると良いでしょう。
早ければ早い程、葉酸の効果をしっかりと得る事が出来ますので、いつ妊娠しても良いように妊活中からしっかりと摂取することをオススメします。

妊娠を予定していない女性は、1日240μgの葉酸でOKですが妊活中、妊娠中の女性は、1日400μgの葉酸が必要となるでしょう。

葉酸は、キャベツやブロッコリー、グレープフルーツ、イチゴ、レバー類などの食品にも多く含まれていますが加熱すると殆どの葉酸が失われてしまいますので、効率的&効果的に葉酸を摂取するには、葉酸サプリの活用がオススメです。

葉酸サプリには、葉酸以外にも鉄分、カルシウム、亜鉛、ビタミン群など妊活に重要な栄養素がしっかりと配合されていますので、葉酸サプリ一つで、手軽に妊娠しやすい体をGETすることが可能です。
毎日、良い栄養素を摂り続けている母体であれば、元気で健康な赤ちゃんが育っていきますので、是非、栄養バランスに富んだ食事を続けていきましょう。

このように葉酸が不妊症を改善するというのは、真実です。
医学的にも根拠がありますので、赤ちゃんを授かりたい人にとって、葉酸サプリは必須の妊活アイテムとなるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る