食事から葉酸が摂り難い理由って?

Fotolia_88400351_XS

葉酸は、サプリメント以外にも普段の食事から摂取することが出来ます。
しかし、食品から葉酸を摂ることはなかなか難しいと言われています。
そこで今回は、食品から葉酸が摂り難い理由について、ご紹介したいと思います。

食事から葉酸が摂り難い理由とは?

葉酸には、正常な細胞分裂を促す働きがありますので、妊娠初期に摂取すれば胎児の先天性異常を防止することが出来ます。また卵子や精子の質を良くして、着床率を高めてくれますので、不妊症の改善や流産のリスクなどを防止してくれる効果があります。
その為、葉酸は、妊活中、妊娠中には欠かせない栄養素です。

そこで妊活中、妊娠中の方は、葉酸が多く含まれる食べ物を積極的に取り入れた食生活をスタートさせていくことと思います。
葉酸は、ブロッコリー、ホウレン草、春菊、モロヘイヤなどの野菜に豊富ですが野菜が苦手な方は数多くいますし、食品に含まれる葉酸量は極僅かで、体内利用率が悪いという欠点があります。更に葉酸は熱に弱いので、加熱すると葉酸の多くが失われてしまうと言われています。ですので、しっかりと葉酸を摂るには、大量の生野菜を食べなければならなくなります。
そこで活躍してくれるのが葉酸サプリメントです。
葉酸サプリであれば簡単に1日に必要な葉酸を摂取する事が出来ます。
また体内利用率も高く、葉酸サプリには、鉄分や亜鉛、カルシウムなど妊娠中には欠かせない他の栄養素もしっかりと配合されていますので、しっかりと健康管理・栄養管理が行えます。

特に妊活中、妊娠中(とりわけ妊娠初期)は積極的に葉酸を摂る必要性がありますので、
食事による葉酸だけでは足りなくなる事がありますので、葉酸サプリメントと併用して、葉酸を摂取していくことが重要です。

厚生労働省が推奨している1日400㎍を守って、摂取していけば葉酸サプリの過剰摂取にはなりません。
過剰摂取が心配な方は、1粒飲めば、1日400㎍の葉酸が簡単に摂れるタイプの葉酸サプリを選ぶと良いでしょう。1日1粒飲めばOKですので、何粒飲んだか、何粒、飲めば良かったっけ?などと飲んだことや飲む量をうっかり忘れてしまい、繰り返し飲んでしまうということがありませんので、オススメです。
厚生労働省が推奨する1日分の400㎍が1粒で摂れる葉酸サプリは多くありますので、是非、活用してみましょう。

葉酸を食事からのみ摂るとなりますと毎日の栄養管理が大変となって、ストレスを抱える事が多くなります。ストレスは妊活の大敵であり、また流産の原因の一つでもありますので、妊婦さんにとってもなるべく余計なストレスは回避したいところです。
また妊娠初期はつわりで思うように食べられなくなる事がありますので、お水さえあれば簡単に栄養が摂れるサプリメントの活用は、大変、便利です。
更に毎日、葉酸を意識した食事をするとなれば、多くの野菜を購入しなければなりません。野菜は昔と比べて、値上がりしていますので、食事による葉酸摂取を継続していくにはなかなか容易ではありません。
だからこそ、葉酸サプリメントを活用していく事が大切です。
その上で、無理をしない程度に葉酸を意識したメニューも取り入れる事で、より健康的な体を維持していく事が出来るようになるでしょう。
母体の栄養状態が良くなれば、お腹の赤ちゃんの栄養状態も良くなっていきますので、赤ちゃんを正常に、健康に育たせる為にも食事と葉酸サプリで、しっかりと栄養管理を行っていきましょう!

妊活中におすすめの葉酸サプリは「ベジママ」です!妊活成分のピニトールも配合されていますので、妊活には最適なサプリメントです♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る